スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成 締め切り迫る

第2回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成
11月30日にて締め切りさせていただきます。ご応募まだの団体はお早めに!
スポンサーサイト

第2回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成 

前回行なわれました本会の事業につきまして、第2回の助成事業を開催いたします。

事業趣旨
 近畿二府四県の刑務所等の矯正施設において、宗教教誨師として被収容者の更正のために活動を続けている当連盟では、平成24年9月に神戸において「第34回全国教誨師大会」を開催いたしました。大会は阪神淡路大震災を念頭におきつつ「きづこう いのちの尊厳」をテーマに開催されました。終了後に東日本大震災の被災者の支援に役立ちたいとの願いから、この度助成事業を立ち上げることとなりました。
特に、福島第一原発事故による幼い子どもを持つ被災者の被ばくに対する不安は大きいものであります。そうした被災者への支援を行っておられるボランティア団体の活動にも敬意を表するものであります。そこで、当連盟では、そうしたボランティア活動の継続と充実を願って下記の如く助成事業を行うものであります。

第2回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成要綱

1.助成概要
  東日本大震災による福島第一原発での放射能飛散事故により多大なる被害を受け、被ばくに大きな不安を抱えている子どもたちを、短期間でも安全で安心な生活を送れる環境におくことが喫緊の課題です。
  当事業では、少しでも不安のないひと時を子どもたちが過ごせるよう支援している活動に対し助成します。
2.応募資格
【活動について】
 ・福島第一原発事故により、放射能から子どもを避難・保養させる活動であること。
 ・関西圏(近畿2府4県内。滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)で実施されるもの。
【活動主体について】
 ・ボランティア活動を目的とした非営利団体・市民グループ や、避難・保養当事者による団体であること。
・申請時に、1年以上の活動実績があること。
・団体所在地および実施場は、原則として近畿2府4県であること。
・活動報告書やニュースレターなど、過去の活動実績がわかるものを発行していること。
・金銭の管理できる体制があり、活動報告の提出ができること
・特定の宗教団体・宗派の予算化された事業でないこと。
3.助成金
 4~6団体を対象に総額100万円 
4.応募期間
 平成28年9月1日~11月30日
5.助成対象期間
 平成29年4月1日~ 
6.応募方法
 団体等の活動実績、助成する活動内容又は活動計画、経費又は予算書、等を作成し事務局あてに郵送下さい。(申込申請用紙をご利用下さい。)
 申込申請用紙はosakakankukyoukaisi@gmail.com宛てにメールを送っていただきますと、word 又はPDFにて送付いたします。
7.選考基準
 以下の基準で選考します。
 ①公益性:市民の手による、非営利的な事業として推進されているかどうか。
 ②実現性:事業を適切に推進し、実現できるかどうか。
 ③当事者性:避難や一時保養をされた子どもたちの関わりの深さがあるかどうか。
 ④参加性:活動が広く公開され、他の人との交流がおこなえるかどうか。
 ⑤必要性:今、その活動の実施の必要性が大きいか。
8.選考方法
 第1次 書類選考  
 第2次 面接(プレゼンテーション) 平成29年2月2日実施予定
9.助成決定
代表者宛てに文書にて通知致します。
10.報告書の提出
 平成30年4月末までに活動報告書並びに助成金使途報告書を提出いただきます。
11.個人情報について
 申込書等に記入されて個人情報は厳重に管理し、助成応募のみに使用いたします。
12.申込送付先
  〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1406 真善寺内
 大阪矯正管区教誨師連盟 震災救援ボランティア係 宛
  上記宛先に申込書類を郵送してください。
13.申込書類提出にあたっての注意事項
 ・結果についての照会にはお答えいたしかねます。
 ・提出された書類は、返却いたしません。
 ・活動実績などを示す資料があれば添付ください。
 ・活動の中で応援団体・関係団体などあれば申込書にお書きください。
14.主 催
大阪矯正管区教誨師連盟 .
 〒540-0008大阪府大阪市中央区大手前4-1-6
         大阪合同庁舎第2号館別館7階
  ※当連盟は、「公益財団法人 全国教誨師連盟」に所属する連盟です。
15.問い合せ
  〒639-0252 奈良県香芝市穴虫1406 真善寺内
   大阪矯正管区教誨師連盟 震災救援ボランティア係(担当 松林)
   電話0745-77-2690  FAX0745-76-9096
   メールosakakankukyoukaisi@gmail.com

第1回「放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成」報告

第1回「放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成」につきまして、厳正なる審査の結果、下記の二団体に助成をいたしました。

1、心援隊 http://www.shinentai.net/
2、福島ハーメルン・プロジェクトジョイントチーム http://hamelnjoint.com/

各団体の活動については、各ホームページにて活動報告がなされていますのでご参照ください。

第1回「放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成」の締切

募集させていただきました、
第1回 放射能被ばくから子どもたちを守る支援活動助成につきまして、
募集期間が過ぎましたので終了させていただきます。

応募いただきました方々には、ありがとうございました。

助成させていただく方には3月20日以降に文書で通知させていただきます。

また、第2回の募集事項が決まり次第に告知いたしますので、
応募くださいますようご案内申し上げます。

教誨師研修大会 第1回実行委員会 開催

 2月16日(月)15:00から滋賀刑務所会議室にて、大阪矯正管区教誨師連盟主催「教誨師研修大会 滋賀大会」の第1回実行委員会が開催されました。
 実行委員会のメンバーは、開催県の滋賀県教誨師会の役員を中心に管区連盟からも三役が参画しました。
 期日・会場・等々の意見が交わされ、平成28年11月頃に大津市周辺のホテルを会場に開催していく案がまとまりました。
 テーマについては、全国教誨師連盟次期研修テーマ「希望へ!」と大阪矯正管区教誨師連盟次期研修テーマ「人は出遇いによって輝くを」考慮し、テーマに合う研修を重ねられるよう意見が出されました。
 プログラム等の内容については、今後の実行委員会で話合いを行ってまいります。

滋賀大会第1回実行委員会
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。